簡単ではない日々を、なんとか受け止めて、乗り越えていくために、「自分ですこし、占ってみる」。

月で読む あしたの星占い

月で読む あしたの星占い

石井ゆかり 著

A5判・並製

1400円 + 税

2019年9月3日 発売

内容紹介

簡単ではない日々を、
なんとか受け止めて、乗り越えていくために、
「自分で少し、占ってみる」ことのすすめ。

本書は、占いを読むだけだった人が、少し自分で占えるようになる本です。 石井ゆかりさんが、専門用語を使わずに、易しい表現で、 毎日の星占いの「やり方」を教えてくれます。

石井さんは、12種類の「毎日」にこんなふうに名前をつけました。

  1. 1.スタートの日
  2. 2.お金の日
  3. 3.メッセージの日
  4. 4.家の日
  5. 5.愛の日
  6. 6.メンテナンスの日
  7. 7.人に会う日
  8. 8.プレゼントの日
  9. 9.旅の日
  10. 10.達成の日
  11. 11.友だちの日
  12. 12.ひみつの日

この「12種類の毎日」が、2、3日に一度切り替わり、順繰りとめぐっていく。
膨大でひたすら続くと思える「時間」が、区切られていく。
もちろん、あくまで星占いの月の動きから見た「時間の区切り」なのですが、そうやって時間を区切っていくことが、生活の実際的な「助け」になることに驚きます。

自分で少し占えるようになるということは、読者のみなさんが、ご自身の生活で起こったことと「〇〇な日」に、なんらかの見出せたり、未来を自分なりに予測できるようになるということです。

占いは「読むもの」で、自分で占うなんてまったく興味なかった!という人にこそ、手に取っていただきたい1冊です。

付録冊子「月の星座運行表」の第1刷に間違いがございました。正誤表はこちらをご覧ください。

●「はじめに」全文掲載

「石井ゆかりが教える、いちばん易しい星占いのやり方」とキャッチコピーが付いている本書。「いちばん易しい」の雰囲気をおわかりいただくために、「はじめに」を全文公開いたします。












●「12種類の毎日」を占う

2、3日に一度切り替わる、「12種類の毎日」。
「スタートの日」からはじまって、「お金の日」「メッセージの日」「愛の日」と続きます。


●星座運行表の小冊子付き

「今日は何の日?」を、先々まで占えるように、2021年12月までの星座運行表冊子を作りました。巻末に綴じてありますので、切り離してお使いください。

●カシワイさんの世界観

ふと、どこか違う空間へ、体を瞬間移動させたような気持になるカシワイさんのイラスト。
繊細な二色刷りで、随所にレイアウトされています。

●ポストカード付限定商品発売中

すみれ書房は、印刷、紙、造本にこだわった「美しい実用書」を発行する出版社として、2018年12月に創業しました。
このたび、第1冊目の本「月で読む あしたの星占い」発売を記念して、活版印刷のポストカードセットを限定数作成します。
石井ゆかりさんの言葉やカシワイさんのイラストを、活版2色刷りで表現した大判ポストカード5枚セットです。
印刷は高い技術と創意工夫を誇る日光堂さんにお願いしました。
デザインは30年近く活版を愛好してきた石松あやさんによるものです。
文章とイラスト、用紙、印刷が三位一体となった美しい世界をお楽しみください。

・限定版につき数に限りがございます。
https://amazon.co.jp/dp/4909957030

著者プロフィール

石井ゆかり

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆。2010年刊行の「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部を超えるベストセラーになった。『12星座』『星をさがす』(WAVE出版)、「3年の星占いシリーズ」(文響社)、『禅語』『青い鳥の本』(パイインターナショナル)、『新装版 月のとびら』(CCCメディアハウス)、『星ダイアリー』(幻冬舎コミックス)ほか著書多数。

Webサイト「筋トレ」http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/