扉を開けて、新しい国へ

【11月30日発売】<br>3年の星占い 双子座 2021-2023

【11月30日発売】
3年の星占い 双子座 2021-2023

石井ゆかり 著

文庫判・並製

680円 + 税

2020年11月30日 発売

内容紹介

シリーズ3作目となる「3年の星占い」。2021年・2022年・2023年の3年間を、石井ゆかりさんが、「ある風景」を描きながら読みといていきます。

時代の節目となった2020年12月の「グレートコンジャンクション」(木星と土星の会合)の後、2021年「風の時代」が幕を開けます。

本書では、2021年から始まる「双子座」の3年間の風景を、「新しい国の入り口」「古い地図」「研究所」などのキーワードを用いたストーリーで解説。

シリーズ3作目となる今回、石井さんの言葉が、さらに深く、さらに優しくなったような気がします。
「双子座」の原稿は、力がみなぎる感じというか、武者震いというか、社会的な大ブレイクがこちらまで楽しみになってきます。

これまでのファンはもちろん、はじめて読まれる方にも、楽しんでいただける内容です。

●双子座・目次

プロローグ

第1章 3年間の風景
3年間の風景 
「風景」の解説 

第2章 1年ごとのメモ
2021年――価値観の、コペルニクス的転換
2022年――勝負と挑戦の年
2023年――新しい責任、外界という鏡

第3章 テーマ別の占い
愛について 
仕事、勉強、お金について 
住処、生活について
夢、楽しみについて 
自分、人間関係について 

第4章 3年間の星の動き
2021年から2023年の「星の動き」

第5章 双子座の世界
双子座の世界 
双子座の星

巻末折込:木星と土星の図表

著者プロフィール

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆。

12星座別に書かれた「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部を超えるベストセラーになった。『月で読む あしたの星占い』(すみれ書房)、『12星座』『星をさがす』(WAVE出版)、『禅語』『青い鳥の本』(パイインターナショナル)、『新装版 月のとびら』(CCCメディアハウス)、『星ダイアリー』(幻冬舎コミックス)ほか著書多数。

LINE公式ブログで毎日の占いを無料配信しているほか、インスタグラム(@ishiiyukari_inst)にて「お誕生日のプチ占い」を不定期掲載。
毎晩、録り溜めた『岩合光昭の世界ネコ歩き』を30分ずつ見てから寝る。ネコは飼っていない。

Webサイト「筋トレ」 http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/